赤ちゃんの手形足形「汚れないインキスタンプ」口コミレビュー。簡単に思い出を残したよ!

2020年9月6日

小さな赤ちゃんのお手てにギューッとされると幸せな、3児のママみみっきです。

 

赤ちゃんの手足って小さくて本当にかわいいですよね。でも、すごく小さいと思っていても、あっという間に大きくなってしまいます。

できるだけ早いうちに、手形や足形を残しておきたいですね。

 

赤ちゃんの手形、足形を取るのは大変と思っていませんか。

とっても簡単にママ1人でもできる画期的な方法があるんです!

 

 

普通は、手形や足形を残すためには、スタンプや絵の具が必要です。

準備するのは簡単なんだけど、小さな赤ちゃんはいつもグーをしていて、なかなか手を開いてくれないので、スタンプするのはとっても大変。

 

手間取っていると、服についたり、そこらじゅうインクだらけになってしまうことも。

 

そして、無事手形を取ることができても、まだ小さい赤ちゃんはふにゃふにゃしているので、手を洗うのが大変です。

 

そこで、小さな赤ちゃんの手形や足形をとるのに、とっても便利なのが、手足が汚れない、手形足形用のインキパット

 

手形や足形を汚さずにとても簡単に残すことが出来るんです!

インスタなどでも人気です。

簡単にできるので、さっそくレビューしてみますね!

赤ちゃん 手形 足形 インクパッド ×1 ホワイトカード×2 【手形キット 手形スタンプパッド ベビー 赤ちゃん 手形 インク 安全 キット 手形足形 スタンプ 手形アート インク 出産記念 アート 成長記録 新生児 1歳 誕生日 記念 お祝い】

足が汚れない足形用インキパッドのセット内容

みみっきが使ってみた足形用インキパッドはこちら!

ももいろそらいろが選べたのですが、女の子なのでももいろ。

 

<セット内容>

  • インキパッド1枚
  • 作品用台紙1枚
  • ラミネートシール1枚
  • 取扱説明書

インキパッドのサイズはW75×H120mmです。

推奨年齢は、1歳未満の赤ちゃんとなっています。足形をとるとギリギリサイズですね。

 

みみっきの赤ちゃんは、生後3ヶ月の100日記念で残そうと思います!

なのでちょっと欲張って、手形と足形を残してみますね。

 

 

使い方

手形、足形をキレイに取るためには、「子供を抱き抱える人」と、「足形をとる人」大人二人で作業することを推奨しています。

<ステップ1>

床面や机上など、平らな場所へ作品用台紙をおく。

 

<ステップ2>

作品用台紙にインキパットをセットする。

インキパットの枠にある「赤いシール」を下に向けて、作品用台紙の上にセットする。

 

<ステップ3>

子供の足がインキパットの枠内に収まるように、やさしく押し当てて、やく5秒後にゆっくりと離す。

 

<ステップ4>

ラミネートシールをはる

 

インキパッドの上から足をスタンプするので、インクが足についてしまうことがないと言うわけなんです。

説明だけみてみるととっても簡単なのですが、本当にうまくいくのかやってみますね!

 

足が汚れない足形用インキパッドをママ一人でやってみたよ!

子供を抱き抱える人」と、「足形をとる人」大人二人で作業と説明書には書かれていたのですが、平日は夜遅くまで仕事のパパ。

パパが家にいる休日はもちろん、賑やかな男の子2人もいます。

 

落ち着いてできないのでみみっき一人で挑戦してみることにしますね!

 

ドキドキ・・・。

 

インキパッドがプラスチックの中に入っているので、取り出します。

赤のラベルに文字が書かれてあるほうが、インクが付いている面です。

厚紙にくっついていて、インク面がへこんでいるのでこちらを裏にして紙の上に置いてもインクがつかない構造になっています。

単純なことなのにすごい発明!

 

足形をとるために足をおく面は、つるつるです。

弾くとペンペンッと音がする少し固めのナイロンのようです。

赤いラベルがある方を下にして、作品用台紙の上にセットします。

作品用台紙のどのあたりに足形を押したいかによって、インキパッドを置く位置をかえられます。

みみっきは、赤ちゃんの手足を作品用台紙の中心にしたいので、真ん中にインキパッドを置きました。

ここでポイント!

インキパッドと作品用台紙がずれないように、市販のゼムクリップで留めるといいですよ。

クリップは、ゼムクリップがおすすめ。書類を挟むタイプのものだとガタつくので、薄いゼムクリップがいいですよ。

 

準備ができましたではさっそく、ドキドキの手形足形とりの本番に行ってみましょう!

 

 

汚れないことを前提に、あえて白い服でやってみますね!

 

みみっきの赤ちゃんは、まだ足が小さいのでインキパッドを横向きに使ってみます

本来の使い方は縦向きです。

 

まずはカンタンにできそうな足形から。

 

 

一人で行うので、インキパッドと台紙がずれないように、机にマスキングテープで仮止めしました。

 

しっかり赤ちゃんを抱えて、足をしっかりもって、いざスタンプ!!!

このまま1,2,3,4,5!!

 

 

足形はとっても簡単でした!赤ちゃんがしっかり足を開いてくれるので、やりやすい。

 

問題は手形です。

 

本来は足形用インキパッドなのでうまくいかなくても、自己責任でお願いします。。。

 

今度は、椅子に座って赤ちゃんを膝の上に抱っこします。

手をなんとかパーにしてもらって、スタンプ!

小指のほうから広げて、パーをさせるとスタンプしやすいですよ。

従来のやり方(スタンプや絵の具をつかってスタンプする方法)では、赤ちゃんの手をインクを塗るとき、手形を押すときの2度広げなければなりません。

また、赤ちゃんの手にインクが付いている状態で、ママが手を広げるので、ママの手も汚れてしまいますよね。

 

インキスタンプだと、スタンプするときに手を広げる作業だけでいいので、本当に楽です。

 

 

うっすら足形と手形が写っているのがわかります。

どんな感じに出来上がったのでしょうか・・・。

 

足形、手形のインクが台紙にスタンプされています!!!

しっかり抑えられていなかったので、手形はやはり失敗していました・・・残念。

 

でもどのくらいの大きさだったかわかるくらいの輪郭で、スタンプできたのでよかったです。

 

 

コツは赤ちゃんの手を開いたら、すかさず手首のほうからインキパッドに押し当てます。

ママの親指で赤ちゃんの手首をおさえたまま、赤ちゃんの手のひらにママの中指を入れます。

ママの親指で押さえたまま、中指をスライドしながら赤ちゃんの指を開き、インキパッドに押し付けます。

 

これでなんとか、ママ一人でも手形を残すことができました!

 

文字やシールで飾って、ラミネートシールを貼れば完成です。

ラミネートシールは、端に切り込みが入っています。

まずそこを剥がして、作品用台紙のどこにはるか、位置を決めます。

 

そうしたらラミネートシールの台紙を剥がして、端から空気が入らないようにゆっくり貼り付けると出来上がり!

ラミネートシールを貼るとツヤツヤしててキレイ!インクの色移りやスレ、色あせを防止できますね。
半永久的に手形、足形を残すことができます。

ラミネートシールを貼る前に文字を書きましたよ。

I treasure you each and every day. (私はあなたを毎日大切におもっているよ)とメッセージをのこしました。

 

あとは、シールなどで飾れば完成!

 

みみっきは手形足形をメインにしたかったので、シンプルなデザインにしました。

マスキングテープを淵に貼るだけのデザインです。

 

簡単ですがステキでしょう(^^)

 

手形、足形を動物に見立てるアートなどもあるので、調べてみると面白いですよ!

まとめ

赤ちゃんが小さい時の手や足は小さくてとってもかわいいので、いつまでも残しておきたいですよね。
でもスタンプや絵の具だと、手が汚れるし、服も汚れたり後片付けが大変そう・・・と億劫に思っていませんでしたか。

足が汚れない足形用インキパッドだと、その名のとおり足が汚れない!
足型をとるママももちろん汚れません!
ママ一人でも汚すことなくできるので、記念におすすめです。

サイズが縦12cmなので、足のサイズは12cmまでの1歳までのお子さんしか使えないのが残念ですが・・・

1歳を超えてくると、足形を撮るのも一緒に楽しむことができるので、スタンプ台でも足形を残すことができます。

1歳未満の今だからこそ残したい!今だからこそ使いやすい!
足が汚れない足形用インキパッドで、思い出を残してみませんか。

赤ちゃん 手形 足形 インクパッド ×1 ホワイトカード×2 【手形キット 手形スタンプパッド ベビー 赤ちゃん 手形 インク 安全 キット 手形足形 スタンプ 手形アート インク 出産記念 アート 成長記録 新生児 1歳 誕生日 記念 お祝い】

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

人気ブログランキングに参加中です!

小さな足と手がかわいすぎて大好き!
という方は
応援クリックよろしくお願いします(^^)

 

 


人気ブログランキング

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0歳児の様子やイベントを紹介しています(^^)

『育児日記』一覧

 

子供用品について詳しくレビューしています(^^)

『レビュー:子供用品』一覧